2008年06月26日

馬の本音

先日開催されたマーメイドステークスは、
トーホウシャインが勝ちました。
結果から、大荒れのレースになりました。
これについて、
トーホウシャインが勝ったのは奇跡という見方があります。
しかし、奇跡かどうかは走った馬のみが知ることである。
私達が推察する余地はありません。
競馬を予想することによって、
真実を見る目を養うことはできるのでしょうか?。



posted by DA at 21:24| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。