2007年11月28日

ダーレージャパンについて

掲示板をご覧ください。
お願いします。


posted by DA at 07:38| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

レース回顧 『ジャパンカップ』

天皇賞秋のアドマイヤムーンの凡走が
事故によるものだったのか、実力だったのか、
その判断が全てでした。
意表をつくようなチョウサンの逃げ、
それを無視するように各馬、力強い走りで
最後の直線へ。
ゴール寸前、内をついたムーンと
外からポップロックの強襲。
勝負は際どい争いでした。
サムソンが多少外へ膨らされたとしても、
実力を発揮されたことだと思います。
posted by DA at 18:58| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ジャパンカップダート

この馬券は東京第11R、
ジャパンカップダートの的中馬券です。
レースは予想通りの展開になりました。
それではご覧ください。

ジャパンカップダート.bmp
posted by DA at 17:57| 的中馬券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レース回顧 『ジャパンカップダート』

今年のジャパンカップダートは
レベルの高い馬が揃いました。
特にヴァーミリアンは前走の印象が強烈だったため、
断然の一番人気に。
レースは予想通りのハイペース、
レコード決着でした。
これだけの面子が揃えば当然の結果です。
もう一頭の人気馬ドラゴンファイヤーには、
まだ負担が重かったことでしょう。
ところで、このレースの三連複、
騎手買いで的中された方も多かったはず?。
最後の東京開催で好レースを、ありがとう。
posted by DA at 17:53| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ジャパンカップの予想

予想板をご覧ください。
お願いします。
posted by DA at 15:09| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

レース回顧 『マイルチャンピオンシップ』

マイルチャンピオンシップの勝利馬は今年もダイワメジャー。
レースは予想通りのペースで流れました。
そこでダイワメジャーは自らの型で、
本来の走りを炸裂。
それに加えて安勝さんの粘りこみの技術は、誰も真似できません。
もしかすると、去年の安田記念で
この馬が4着で終わったこと自体が
奇跡でした。
ダイワメジャーの姿に、いぶし銀を感じます。
posted by DA at 19:51| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

StarHorse2

本日、久しぶりにセガワールドに遊びに行きました。
そこで『StarHorse2』という競馬のメダルゲームに
興味を抱き、さっそく遊んでみる事に。
根岸ステークス辺りから入りました。
レーステンポはサクサク進み、とにかく忙しい。
なお、ゲームを遊んでいる最中には
今年の馬柱でマイルチャンピオンシップが施行されました。
その結果をアップします。
(※あくまでフィクションです。)

StarHorse2『マイルチャンピオンシップレース映像』

StarHorse2『マイルチャンピオンシップレース映像』

StarHorse2『マイルチャンピオンシップ結果』

StarHorse2『マイルチャンピオンシップ結果』
posted by DA at 18:46| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

ダイワスカーレット

ダイワスカーレットのエリザベス女王杯は完璧です。
どんな馬が相手になろうが、いつも通りの先行策。
3歳馬にして、古馬のような風格をただよわせる走り。
マシーンのように微動だにして狂わないフットワークは、
既に芸術品の域に達しています。
今後、ダイワスカーレットの崩れる瞬間が想像できない。
私の知る限り、初めて見るタイプの馬です。

posted by DA at 20:08| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

福島記念の予想

予想板をご覧ください。
お願いします。
posted by DA at 14:14| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

レース回顧 『アルゼンチン共和国杯』

レースは、よどみの無い流れで、最後の直線を迎えました。
その結果、1着アドマイヤジュピタ、2着トウカイトリック、
3着リキアイサイレンスという結果に。
今回のアルゼンチン共和国杯は
1、2着に、スピードを持った馬が連対しました。
例年のアルゼンチン共和国杯とは、少し違うイメージです。
ただし、レースは生き物なので
この結果は十分にありえたことだと思います。
今回は私的に最後のグレーゾーンに残った馬が、
連対したと感じています。
posted by DA at 20:58| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

アルゼンチン共和国杯の予想

予想板を、どうぞご覧ください。
posted by DA at 17:42| 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

イギリス競馬

イギリス競馬の特徴
   自然の地形を生かした競馬場。
   平地競争のメインシーズンは3月〜11月。

主要競馬場
   ニューマーケット、アスコット、エプソム

G1レース例
毎年7月  アスコット競馬場
  キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス 
    (サラ3歳以上、芝12ハロン)
  2007年 優勝馬 ディラントーマス      騎手  J・ムルタ
  2006年        ハリケーンラン             C・スミヨン
  2005年        アザムール              M・キネーン
  
     8月  ヨーク競馬場
    インターナショナルS 
    (サラ3歳以上、芝10ハロン88ヤード)
  2007年 優勝馬 オーソライズド         騎手  L・デットーリ
   2006年        ノットナウケイト              R・ムーア
   2005年           エレクトロキューショニスト    M・キネーン

    ※ 1ハロン=約201.17m
       1ヤード=約    0.9144m
イギリス競馬で活躍中の主な種牡馬      
   ダンチヒ、サドラーズウェルズ、デインヒル

posted by DA at 12:16| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。