2008年10月12日

秋競馬

いよいよ秋競馬が始まります。
秋の重賞戦線は、兵が動き出す時期でもあります。
これから競馬予想を再開する方もいるでしょう。
この季節の雨で湿った競馬も、なかなかに面白い。
この時期限定の風情を感じます。

府中1.JPG

府中2.JPG

府中3.JPG

芝.JPG

今年の天皇賞秋は、どうなることやら。
posted by DA at 06:31| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

レース回顧 『キーンランドカップ』

今年のキーンランドカップは、
摩訶不思議な事が発生しました。
なんと、タニノマティーニが、ビービーガルダン、
キンシャサノキセキの本命馬を打ち負かしました。
これについては、
私自信、勝った理由がいまだに見つかりません。
しかし、タニノマティーニを予想された方は、
何かしら根拠があったのでしょう。
競馬がゲームであり
勝利者は、真のギャンブラーです。
posted by DA at 20:50| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

府中での観戦

年に一度の札幌開催、私は好きです。
たぶん現地での観戦は気候も穏やかで
気分もさわやか、といったところでしょう。
ところで連休もかねてか、
府中での室内観戦は予想外の人だかりでした。
8月16日の札幌新馬戦、
第4レースは豪華メンバーが勢揃い。
これだけの馬が走れば、馬券を買わないわけにはいきません。
私の本命はジェルミナルとガリアーノ の2頭。
結果から、カネトシコウショウの2着は予想できず、
馬券は紙くずになりました。
隣の人は『グランデラか〜』と、声高に悔しがっていました。
このレースを取った人は、さすがですね。

札幌1回1日新馬戦.JPG

8.16東京競馬場.JPG

posted by DA at 09:17| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

馬の本音

先日開催されたマーメイドステークスは、
トーホウシャインが勝ちました。
結果から、大荒れのレースになりました。
これについて、
トーホウシャインが勝ったのは奇跡という見方があります。
しかし、奇跡かどうかは走った馬のみが知ることである。
私達が推察する余地はありません。
競馬を予想することによって、
真実を見る目を養うことはできるのでしょうか?。

posted by DA at 21:24| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

競馬予想は真剣勝負。

近頃の馬券の売上げを見ると、
3連単が一番売れているようです。
一昔前は馬連が売れていました。
私の周りにも競馬をやる方がいますが、
3頭絡みの馬券が多いです。
しかし、そこで疑問。
そういった馬券で勝負すると、予想が甘くなりがちです。
適当に予想して、掛け金も少なく
当たればそこそこの配当。
こう考えている方が多いのだと思います。
そこで一言、
競馬は真剣に予想して勝負するから面白いのです。
真剣みを欠いた高配当狙いの予想は、もはや宝くじと一緒です。
とにかくなんでも当たれば良いという発想に
競馬の醍醐味は無いと私は考えます。
posted by DA at 19:37| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

08´安田記念にて。

今年の安田記念は、日本のG1馬が6頭も出走するという顔ぶれ。
海外参戦組みからは、グッドババ、アルマダ、ブリッシュラックの
3頭でした。
特に、グッドババ、アルマダは香港G1で接戦を繰り広げており、
注目されました。
現地にて、これら豪華なメンバーを観戦したく
私も府中にて参戦することに。
馬券はグッドババ、アルマダ2頭からの流し馬券で勝負。
レースが始まると、ウオッカが意表をついた先行策で、
圧巻の脚を見せ、そのままの勝利。
他の馬は勝負にもなりません。
アルマダは2着がやっとの状況。
期待のグッドババは、なんと最下位。
この手の不条理な負け方は結構あるものです。
結果は、アルマダの複勝2,000円が的中しただけ。
女心と秋の空、
ウオッカの独走に気分が参った一戦でした。

ウオッカ.JPG

グッドババ.JPG

アルマダ.JPG
posted by DA at 19:16| 一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。